薬剤師の仕事色々

薬剤師の仕事とひとくくりに言っても職場によって仕事内容は異なります。
医師だってそうですよね、治療を治す人もいれば、手術をする人、病気や薬の研究開発をする人、後世に続く医師を教育する人、それぞれです。
ここでは薬剤師の仕事内相を職場別におって見てみましょう。


私たちが一番馴染みのあ薬局やドラッグストアの薬剤師さんから、製薬会社で働く薬剤師さんと。
薬剤師の仕事内容も多岐にわたります。
それでは、馴染みがあってわり仕事内容が分かり易い調剤薬局の薬剤師の仕事内容から説明しましょう。
調剤薬局の仕事は、患者に適切な薬を渡すことです。
医療機関の医師の指示により、薬を調剤します。
また、患者にはその薬の内容、効果や適切な飲み方。
現れる副作用などの説明を行います。
ま薬局内の薬の管理をするのも薬剤師の仕事です。


次に、ドラッグストア。
ここにいる薬剤師もまた私たちにとても馴染みがありますね。
薬を求めて購入にくるお客に対して適切な薬を提供するのが最大の使命です。
ドラッグストアでは、薬以外の生活用品も揃っていますので、その管理や製品の熟知も必要になりますし、よりコミュニケーション能力問われる仕事です。


最後に製薬会社で働く薬剤師の仕事内容を説明します。
日夜研究開発を行う製薬会社の1員として医師や学者とともに医薬品の改良をすることが仕事です。
薬の調合や効果の測定など、より専門性の高い知識が必要になる職種です。

大きく分けて3つの職種による仕事内容です、薬剤師と言っても仕事内は様々あるのです。

Copyright © 2014 薬剤師のお仕事内容は職場で変わる All Rights Reserved.